桃の節句(ひなまつり)

皆さん、おはようございます。

昨日はアドラー心理学会の九州・沖縄地方会があり参加してきました。

役員さんの周到な準備のお蔭でしっかり学び、楽しませていただきました。


早いものでもう2月の最終週ですね。

さて、3月3日はおひなまつりですね。


今日は「桃の節句」のお話です。

女の子が健康で幸せに育つようにと願いをこめて祝う桃の節句、3月3日のひなまつり。

もともとは上巳(じょうし)の節句という中国から伝わったお祭り。

ところで皆さんは桃の節句に何を食べますか?

桃の節句に食べる物にもいわれがあります。

ちらしずしのエビは「長生き」

レンコンは「見通しがきく」と言われています。

ハマグリのお吸い物は「ペアになっている事から良縁」

ひし餅の三色は、白は「雪」緑は「草」赤は「桃」を表しています。

ひし餅には春を持つ気持ちがいっぱいですね。

よく「男の子しかいないからおひなまつりはしません。」という方がいますが、

是非、ママが主役で「お祝い膳」してくださいね。

「ちらし寿司にハマグリのお吸い物」で大丈夫です。

たったこれだけのことですが、日本の伝統の継承を大いに担うことになりますよ。
  

バックナンバー