春分の日について

おはようございます。

皆さんお元気ですか?

お蔭さまで、チッチキンダーガーデン22期生の

3月16日に卒園式が出来ました。

 

今日は「春の日」についてです。

国民の祝日の一。

春分にあたり、自然をたたえ、生物をいつくしむ日。


今週の水曜日21日は「春の日」です。


今年の春のお彼岸は、3月20日(日)の春分の日を中日として、

 3月18日(日)~3月24日(土)の7日間です。

お墓参りをされるところも多いですね。

若い人は中々ですが、ご先祖さんを忍一日でもあります。


神様のところでは、「お御霊祭り」として開催せれるところもあります。


相田みつおさんの日めくりに書きの文章があります。

********************************

自分の番  いのちのバトン

父と母で二人

父と母の両親で 四人

そのまた 両親で 八人


こうして数えていくと

十代前で 千二十四人

二十代前では・・・・・・?

なんと 百万人を超すんです。


過去無量の

いのちの場とンを受けついで

いまここに 自分の番を

生きている

それがあなたのいのちです。

それがわたしのいのちです。


「相田 みつお 作品集 ひとりしずか  みつおより」

***********************************


こどもたちには

長谷川さんの本に「おじいちゃんのおじちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」と言う絵本があります。


是非、今週は、「おじいちゃんのおじちゃん」について話てみませんか?

 

バックナンバー