当たり前に感謝

先週は私お母の97歳のお誕生日をしました。

母・娘・孫、ひ孫も一緒にお祝いができましたが

本当に有難い時間でした。

今は志賀のグループホームに入っていますが元気にしてくれています。



私は2015年、62歳の時に生死をさまよいましたが、

生きているというより「生かされて生きている!!」が今の実感です。


手足が動くこと、お水が飲めること、食べられる事

おトイレに行けること本当に当たり前ではなく、できる事に感謝しています。


母は軽い認知症がありますが、私にとっては母は母です。

前回も書きましたが「あなたは存在するだけで価値がある」

母を見ていると本当にそう思います。

「皆にお世話になるばかりで・・・」と恐縮している母ですが、

本当にいてくれるだけで感謝しています。

「皆に良くしてもらってありがたい」

「何もかもしてくださりありがたい」と

今の現状に感謝しています。


私も母の年齢になった時に、そんな風にいえるかな?と思います。

今から練習ですね。


皆さんも今週は「当たり前に感謝」してみませんか?

色々な問題はいっぱいあると思いますが、

まずは良かったと思って、何が良かったかを探してみませんか?


「当たり前に感謝」一緒に練習しましょうね。

バックナンバー