「縁のあった学校が一番」

さて今日は「縁のあった学校が一番」のお話です。

受験をしたら、当然全員が通るのではありません。

 合格した時はその学校こそが「縁のあった学校」です。

 例え不合格でもそれは、子どもに力がなかったからではなく縁がなかったのです。

私も沢山の受験生を見ていますが、力のある学生が落ちる事もありますよね。

 そんな時は「力がなかったのではなく、縁がなかったのだと思って下さい。」とお話しています。


親が「子どもの行きたい学校」と「縁のある学校」があると思える事が

「楽育ママ」の一歩かもしれませんね。

とは言うものの、「願いは叶う!!」

勿論「行きたい学校と縁のある学校が一緒」であるようにしっかり神様に祈っていますね。


 年齢の小さなママにとっては、保育園選びや幼稚園選びも、一仕事ですよね。


 今になってここでよかったかと不安になるママもいらっしゃいます。

 でも今決めた園が「縁のある園」です。

色々心配はありますが、たくさんの情報に左右されることなく、

 まずはお母さんが「大丈夫」と心を落ち着かせて下さいね。


 3学期はあっという間に過ぎますが一日一日を大切に過ごしましょうね。

 ☆今週のあなたへの宿題☆

暖かい心のこもったお料理と、暖かな雰囲気を大切に!!

お口はチャック!!です。

バックナンバー