春分の日

春分の日

おはようございます。
コロナウィルスは世界中を駆け巡っていますが
皆さんはお元気ですか?

甲子園が中止になり、球児の涙に心が痛みましたが、夏に向かって頑張ると語っている姿から、勇気をいただきました。
本当に、1日も早いコロナウィルスの終息を願っています。


今日は「春分の日」についてです。

国民の祝日の一つ

春分にあたり、自然をたたえ、生物をいつくしむ日。 と書かれています。


今週の20日は「春分の日」です。
太陽が真東から上がり、真西に沈みます。

今年の春のお彼岸は、3月20日(金)の春分の日を中日として、 3月17日(火)3月23日(月)の7日間です。 お墓参りをされる方も多いです。

そして

若い人は知らない方も多いですが、ご先祖さんを偲ぶ一日でもあります。

私の好きな相田みつおさんの日めくりの詩です。

〜   〜   〜  〜
【自分の番 いのちのバトン 】

父と母で二人
父と母の両親で 四人
そのまた 両親で 八人  

こうして数えていくと
十代前で 千二十四人
二十代前では・・・・・・?
なんと 百万人を超すんです。

過去無量の
いのちのバトンを受けついで
いまここに 自分の番を 生きている

それがあなたのいのちです。
それがわたしのいのちです。

〜    〜    〜  〜

今コロナウィルスで大変ですが、
私達のご先祖さんも、戦争や色々な病気やウィルスを乗り越えて、私達に命を繋いでくださいました。

そう思うと感謝ですね。

子ども達にお勧めは、
長谷川義史さんの本に「おじいちゃんのおじちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」という絵本です。

是非今週は、コロナウィルスで大変な時だからこそ、ご先祖さんから繋がっている命について話してみませんか?   

 

楽育チッチ

rakuikumama.jp

rakuiku@titti.or.jp

 

バックナンバー