体験学習の最近のブログ記事

稲刈りしました!

 2010年9月23日(水)晴天のもと稲刈りをしました。チッチ生、お母さんお父さんおじいちゃん、グループホームのおばあちゃんのも来てくださいました。

子どもは田植えの時の苗が大きくなった事に驚いている子どももいました。一粒とって自分で皮をむいてもらい一粒のお米の大切さを体験しました。

その後永井さんのご厚意で、コンバインに乗せていただきました。刈り取ったお米がコンバインから車に移動するのも見せていただきました。そのお米を乾燥するお話を聴いて、お母さんからもどんなに手間暇かかるのかを実感されたようです。

鎌で稲かりもチャレンジしました。昨年からきている子どもは、手つきも良かったですね。自分たちで刈ったお米でおにぎりを作って食べるのが楽しみです。

田植えしました

 2009年6月13日(水)滋賀里で、今回はセブン-イレブンみどりの基金から助成金をいただき、「親子で田植えをたのしもう」を開催しました。

永井さんのご協力のもと、恒例の田植えの開催です。始めに苗の植え方のお話を聞きました。苗の大切さ、植える間隔や「植えたらさがる」等植え方も教えてもらいました。

その後いよいよ田んぼに入りました。昨年は田んぼが嫌で入れなかった3歳の子どもが、今年は喜んで入り、しかも「植えたら下がる」をしながら一人で一列きれいに植えてくれました。子どもの成長ぶりにみんなで感動しました。

今年も「滋賀里デイサービス」のおばあちゃんが見に来てくださいました。子ども達の楽しそうな様子に目を細めて見てくださっていました。おばあちゃん達もバケツに田植えを楽しんでくださり、育ててくださることになりました。

昼からは幼稚園児も参加してとても元気に植えてくれました。「植えたらかにさん」でたくさん植えてくれました。みんな自分の好きなバケツを選び、世界に一つの田んぼを作り持って帰りました。「秋の実りを楽しみに毎日観察を続けよね。」と話してくださる親子もいて嬉しかったです。また秋にはみんなで稲刈り楽しみましょうね。

 

バックナンバー