チッチ村

楽育(らくいく)通信とは?

楽育(らくいく)つうしんは、子育てにかかわるすべての人が、子育てを楽しんで、しかもらくに子育てができる事をお伝えしたくて作りました。

 2010年に「大阪二児遺棄事件」が起こりました。母親が育児放棄をして小さなきょうだいが命を落とすという悲惨な事件でした。ニュースでは「鬼のような母親だ」と叩かれましたが、一人目を育てている時には、「子どもが可愛い」とブログに育児日記をのせていたお母さんです。
 もう二度とこんな事が起こらないように、今私に出来る事はなんだろうか?今私が出来る事!!毎日自分に問いかけました。そのお母さんが「子どもが可愛い」とブログにのせている時に「心ある仲間」に出会っていたら、今回の事件は起こらなかったかもしれません。講演会にも出会えず、本にも出会えず、心ある仲間にも出会えない、困っているお母さんに今すぐ届くものはないか?と考えて出来たのが楽育(らくいく)つうしん」です。
 
今回は、漫画を入れることで、本を読まない世代にも子育ての基本を学んでもらう事を目的としています。
 読むだけでなく「楽育ワーク」に参加することにより、子育て仲間と出会い、自分だけが悩んでいるのではないということを感じて欲しいのです。
 
又子育て経験のある「楽育リーダー」がいる事により、子育ての悩みに寄り添いながらも、子育ての具体的な方法を考えていきます。自分一人で悩んでいるところから、多くの虐待は始まります。それを阻止するためにも「楽育ワーク」を全国に広めていく事が、ちっち村の使命だと感じています。
 
「楽育つうしん」ワークを開催しています。
講座スケジールをご覧下さい。
ホーム > チッチ村 > 楽育(らくいく)通信とは?